ガーデニング

このところ、前庭(駐車スペース)をどうしようかと、そのことばかり考えています。
クレマティスやバラを這わせたい。

ガーデニングや花の本を眺めては、考える。妄想する。
ナテュラルな庭。
手作り感のあるもの。
整然としすぎないもの。
どんな素材で、どのようにしたらいいのでしょう。
毎日、花のことばかり。
a0284408_1362452.jpg
a0284408_1324757.jpg
a0284408_133389.jpg
a0284408_1331668.jpg

[PR]
# by moon-pon2 | 2017-03-20 01:41 | 今日 | Comments(0)

多謝

今日は終業式でした。
学校の1年が終わりました。
子どもたちが大過なく過ごせたことに感謝します。

私も、風邪でお休みすることもなく、
勤めることができました。

さて、学校の春は忙しい。
来年度に向けて準備がいっぱい。
a0284408_2357335.jpg

今宵は、ライトアップされた兼六園の梅を見て、
おいしいお料理とお酒をいただいて、お疲れさまのご褒美。
[PR]
# by moon-pon2 | 2017-03-17 23:56 | 今日 | Comments(0)

花に癒され

今日もいろいろありました。

ドジなこともあったし、
うれしいこともあった。
不可解なできごともあった。
いちご事件。

優しいひとの言葉に癒され、慰められる。

冷たいひとの言葉で、憂う。

「憂う」って言葉、生まれて初めて使ったかも。
こんな言葉があるのね。

今日はあたたかい日でした。
玄関前のチューリップの芽が少しずつ伸びてきました。
クロッカスは、明日またいくつか咲くことでしょう。
[PR]
# by moon-pon2 | 2017-03-13 23:51 | 今日 | Comments(0)

春がきた♪

春一番のりのクロッカスがもうすぐ咲きそうです。
元気な黄色のクロッカス。

冬が訪れる前に105球の球根を植えました。
しばらく前から、雪の間にクロッカスやムスカリの葉っぱが見えて、
春が待ち遠しくてたまりませんでした。

このところ、花や苗などもいっぱい買いました。
スイセン、ビオラ、チューリップ、ラナンキュラス、芝桜、ばら・・・(あと忘れました)。
まずクロッカスが咲いて、ムスカリが咲いて、
チューリップが咲いて、
ちいさな花壇は春のお花でいっぱいになるかしら。
a0284408_1940992.jpg

   ・  ・  ・


10日(金)は二女の卒業式でした。
行けなかったけれど、ユーストリームで見ることができました。
学長の挨拶も、証書授与も、
卒業式の様子がすべて見られるなんて、すごい時代ですね。
有難いこと。

お陰さまで、二女は4年間の大学生活を終え、
大阪の会社に就職することになりました。
引越しも無事に終わったし、
3月中はゆったり過ごして、4月からは厳しい社会人生活に入ります。
いっぱい学んでください。

娘も自立することだし、
母校の同窓会の仕事もほとんど終わったし、
私のこれからは、自分自身の仕事や制作に励まなくちゃ。
竜太の応援もしなくちゃ。
そして私の限りある未来のために、時間を有意義に使わなくちゃ。

   ・  ・  ・

父がアトリエで使っていたサイドボードを譲り受けることになり、
昨日便利屋さんに運んでもらいました。
ヨーロッパのアンティークもの。
父がいつどこで買ったのかは知りませんが、
私の部屋にぴったりだし、
いつかもらえたらいいなと思っていたもの。
生前に伝えることはできなかったけれど、
父が亡くなって、サイズを計ったらあまりにも私の部屋にちょうどで驚いたのでした。
ほんとうはガラス扉の中には、父がしていたように、
アンティークなグラスや壺などを飾ると素敵なのだろうけれど、
私は持っていないので、これからゆっくり考えます。

パソコンの置き場所も変わって、
生活動線が少し変化しそうです。
a0284408_20222245.jpg

[PR]
# by moon-pon2 | 2017-03-12 20:13 | 今日 | Comments(0)

卒業式

今日は私が勤める学校の卒業式。
朝起きたら、一面の雪でした。
5センチほど積もったようです。
真っ白な美しい朝。

幔幕(まんまく)が張られた会場にはたくさんのストーブが用意され、
すてきなお花も飾られて、あたたか。
拍手と共に入場する子どもたちは、誇らしげで凛々しい姿でした。

証書授与も、別れの言葉も、とても立派でした。
全員で歌う歌は、休み時間に何回も練習して、
すてきな輪唱になっていて、
歌い終わると、会場から大きな拍手がありました。

式後に教室で保護者の方々と記念撮影をしたり、
寄せ書きをいただいたり、
うれしい時間でした。
「おめでとうございます」
「ありがとうございます」
何度言い合ってもいい言葉。

思いがけず私にまでいただいた寄せ書きを見ると、
子どもたちと保護者の方々おひとりおひとりが書いてくださっていて、
ほんとうに有難く思いました。

主事になって担任をしなくなってから、
子どもたちと一緒に過ごす時間は減り、
美術や個別課題学習、やきものクラブなど、
私にとってはほんとうに楽しい時間でした。
寄せ書きに書いてくださった言葉を読みながら、
またこれからも教師をがんばろうと思えました。
[PR]
# by moon-pon2 | 2017-03-08 18:28 | 今日 | Comments(0)

雑誌掲載

今日(3月7日)発売の「PLUS 1 Living」で私の家が紹介されています。
主婦の友社発行の季刊誌です。
a0284408_21424275.jpg

a0284408_21432390.jpg
a0284408_21434079.jpg

[PR]
# by moon-pon2 | 2017-03-07 21:45 | 今日 | Comments(0)

犀川

ずっと走っていませんでした。
昨年の9月から、走ること、忘れてた。

今朝はお天気もいいし、気温も高かったので、
ずいぶん久しぶりに走りました。
(歩いたりもしたけど)

きらきら光る川面はとてもきれいで、
こころが洗われました。
[PR]
# by moon-pon2 | 2017-03-05 20:49 | 今日 | Comments(0)

引越し

1日お休みをいただき、早起きして、二女の引っ越しの手伝いに行きました。
土日を希望したけど叶わなかったので。

引越し業者の方が、行先を間違えて、1時間半遅れの到着。
トラックに乗ってきたのは、男性1人と女性1人。
女性の引っ越し屋さんは初めてなので、驚きました。
小柄で華奢なその方は、段ボール2個をさっと持ち上げて運びます。
大変だろうと思い、手伝おうとしたけど、
なお邪魔になってしまい、あきらめました。

デスクの分解と組み立ての際には、
小柄な彼女はデスクの下に身体を入れてドライバーを回します。
そんな時には小柄な方が便利かもしれないけれど、
重い荷物を運ぶ仕事は大変なことでしょう。

いつも引越しの時には、
(やっぱり男の人はすごいわ。私にはできないもの。)
と感動する私ですが、
もし女性に力が備わったら、男性は不要になっちゃうのかしらと思いました。

スケジュール的に厳しかったので、かなり心配したけれど、
なんとか引っ越しは無事に終了し、ほっとしました。

これまで4年間お世話になったのは、
こんな親切な大家さんは日本中にひとりしかいないだろうと思える方でした。
そんな大家さんのアパートに巡りあえたなんて、
ほんとうに有難いこと。
感謝します。

これからは、大津や金沢とは全く違う大阪の大都会で、
娘は新しい生活にトライすることになります。
ひとり暮らしを経験してかなりたくましくなったものの、
まだまだ世間知らず。
いろいろな方にお世話になって、
これから新しい生活にチャレンジ。
がんばってね、応援しています。
a0284408_23345170.jpg

[PR]
# by moon-pon2 | 2017-02-27 23:47 | 今日 | Comments(0)

お疲れさま、ありがとう

お疲れさまでした。みんな、みんな。

金沢美大70周年同窓会実行委員会の
総括会議が無事に終わりました。

この4年間くらい、いろいろあったけど、最後は笑顔で終了。
何度も何度も乾杯しました。

あ~、良かったぁ。
肩の荷が下りました。

まだ残務はあるとはいえ、ひとつの区切りがつきました。

カンパ~イ♪
a0284408_22382347.jpg

a0284408_22343611.jpg

[PR]
# by moon-pon2 | 2017-02-25 23:41 | 今日 | Comments(0)

洗車

日が長くなってきました。
うれしいな。

今日は仕事帰りに、ガソリンスタンドへ。
ガソリンを入れるだけのつもりだったけれど、
すすめられて、ドライブスルー洗車をすることにしました。

年末に洗車してから、ずいぶん洗っていません。
プリペイドカード購入で300円安くなり、
その上今日は洗車メニューが無料とのこと。

久しぶりに洗って、車はきれいになりました。
毎日私を安全に運んでくれて、ありがとう。
[PR]
# by moon-pon2 | 2017-02-24 19:46 | 今日 | Comments(0)

卒業生の集い

今日は育友会の理事会が10時から12時過ぎまで。
午後1時からは、卒業生の集い。
リトミックをしたり、やきものをしたり、4時過ぎまで。
日曜出勤にぶぅぶぅ言ってはいけませんね。
私よりもっと大変なひとがいる。

それに、元気な卒業生に逢えるのは、うれしいし、
「せんせ~い」と在学当時のように話してくれて、楽しい。

ストレッチでからだを伸ばして、
いっしょうけんめいやきものの器を作り、
みんなでいっしょに紙芝居を見る。

のまりん先生の紙芝居は、すごい。
迫力があって、人間味があって、面白い。
のまりん先生が大きな声でわははっと笑うと、
私もあははと笑ってしまう。
世界的に活躍していらっしゃるのに、こうして来てくださる。
なんて有難いことでしょう。

誰かの役に立てることはしあわせなこと。
[PR]
# by moon-pon2 | 2017-02-19 22:56 | 今日 | Comments(0)

出逢い

今日も忙しい1日だったけれど、
いい1日だったかも。

きれいで素敵なひとにもお目にかかれたし、
夢中で制作するかわいい子にも出逢えたし、
梅が咲いていて、ちょうど小鳥がとんできて、絵のようなシーンもあったし。

生きてると、いいこともあるよね。

これから楽しいこともあるよね、と思える。
[PR]
# by moon-pon2 | 2017-02-17 23:56 | 今日 | Comments(0)

春になったら

春になったら
犀川を走ろう
花を植えよう
玄関アプローチを作ろう
父の棚をリビングに運んで、インテリアを整えよう

春が待ち遠しいこと
[PR]
# by moon-pon2 | 2017-02-16 00:13 | 未来 | Comments(0)

したいこと

久しぶりの金沢での休日。
21美へ行く。
図書室で、雑誌を見る。

ここ3~4年の私の生活は何だったのかと思う。

これからは、自分のために時間を使いたい。

リセットしたい。

ほんとうに好きなことに時間を費やしたい。

制作をしたい。
本も読みたい。
お花いっぱいにしたい。
外国へも行きたい。
ロマンティックでいたい。
[PR]
# by moon-pon2 | 2017-02-13 00:38 | 今日 | Comments(0)

教育研究会

明日は教育研究会。
全国から100名を超える方が参加くださり、フォーラムやポスター発表などを行います。

長かった序曲がもうすぐ終わり、クライマックスを迎える。
[PR]
# by moon-pon2 | 2017-02-09 23:15 | 明日 | Comments(0)

家具

私が若い頃に買ってずっと使っていたデスクを、二女が使いたいと言う。
マットな黒と、木の組み合わせのデスク。
代々使うようなものではないけれど、
娘の気持ちを尊重して、大阪へ送ることにする。

そして私は、父がアトリエで使っていたヨーロッパのアンティークの戸棚をもらうことにした。
今の住まいに趣もサイズもぴったりな気がするの。
使い捨ての時代かもしれないけれど、
そうして親からもらいうけたモノを使うのもいいかも。

春になったら、あの重厚な戸棚を私の部屋に迎える。
そして、実家で使っていた下駄箱を白にペイントして、リビングで使おうかと思ってる。

もうすぐ冬が終わり、春の訪れを待つ。

今日はまた雪が降っていたけれど、春は遠くない。
[PR]
# by moon-pon2 | 2017-02-06 23:34 | 今日 | Comments(0)

大阪

二女の大阪のマンションは決まりました。
ほっ。
これから夢と希望を持って仕事にがんばってくれればと思います。
あとは、引っ越し。

大阪はすごい都会でした。
金沢はやっぱり田舎だと思いました。
静かでのんびりしてる。

若いうちは、都会でせっせと仕事をすればいいよね。
金沢だけしか知らないよりも、都会の生活を知った方がいいよね。
a0284408_22592676.jpg

[PR]
# by moon-pon2 | 2017-02-06 08:23 | 今日 | Comments(0)

母娘

二女の卒業制作展も無事終了し、
大阪でのアパート探しと引っ越しが次の課題。
4年間の大学生活を終え、新しいスタートを切る娘のために、
気の利かない母親だけど、少しでも応援をしなくちゃ。

私が大学を出て東京に就職することになった時も、
父と母がいっしょにアパート探しをしてくれ、
引越しのときには母がいっしょに細々とした買いものをしてくれた。
母は東京のことはほとんど知らなかったから、
母自身も大変だったことでしょう。

4年間ひとり暮らしをした娘は、あの頃の私よりもしっかりしているはず・・かな。

私は大学時代は自宅通いだったから、
初めてのひとり暮らしはかなり心細かったことでしょう。
引越しを終えて、東京駅から電車に乗る母を見送った瞬間、
ばぁっと涙があふれてきて、駅の階段が見えなくなったことはよく憶えています。
アパートには電話はなく、
父がたまにくれる葉書や手紙に力づけられたものでした。
今は携帯電話やスマホやPCがあるから、
当時とは格段の違いがあるよね。

東京から金沢へ帰省するときも、
いろいろなドラマがあったな・・・。
懐かしいこと。
[PR]
# by moon-pon2 | 2017-02-01 00:02 | 今日 | Comments(0)

わたし

今、学校では、2月10日に迫った教育研究会のことでみんなが熱くなっています。
私の所属する中学部では、授業の様子をビデオに撮り、生徒のことを話合ったり、
これからの授業について議論したり。

自分の姿をビデオに撮ることはいつもは全くありませんが、
今日はたまたま生徒との関わりをビデオに撮り、見る機会がありました。

私ってこんな風にしゃべっているんだ・・・。
こんな声だったの・・・。
かなり年とったな・・・。

鏡に映った自分の姿は、左右が逆になっていることで、
かなり現実とは違うと聞いたことがあります。
それに、老眼のせいで、あまりはっきりとは見えなくなっています。

ビデオに写っている私も、
ほんとうの私とは少し違うかもしれません。
いえ、それとも、これが私なのかしら。

私って、どんなひとなのかしら。

自分自身がいちばん知らないのかもしれません。、
[PR]
# by moon-pon2 | 2017-01-26 21:16 | 今日 | Comments(0)

卒業

雪が降って静かな夜。
今週末は、二女の卒業制作展のために京都へ行かなくちゃ。
この4年間、経済的にはかなり苦しかったけれど、
なんとか終わろうとしています。

私の経済事情を考えて質素な生活をしてくれた娘。
就職も決まり、新たなステップへ歩み始めます。

このあと週末ごとに、アパート探しや引っ越し。
2月、3月は忙しそう。
インフルエンザや風邪にかからないように気を付けます。
[PR]
# by moon-pon2 | 2017-01-24 22:45 | 今日 | Comments(0)

Volleyball

今日は、竜太のバレー部の県大会の応援に行きました。
第37回県中学校選抜バレーボール大会。
竜太がバレーをするのを見るのは、初めてのこと。
背番号2番の竜太は、副キャプテンだとか。
サーブはとても良かったし、ブロックもがんばっていました。
第1試合は無事に勝利。
第2試合の準々決勝は、力の差があったわけではないのに、
惜しくも勝てませんでした。
ほんとうに、残念。
あの試合に勝てたら、北信越の大会に出ることができたのだそうです。

竜太は少し遠慮がちに見えました。
レシーブやブロックはしっかりしていたけれど、
もっとスパイクだって打てるはず。
自信を持って、失敗を恐れずにトライすればいいのにと思いました。
(でも私はバレーのことはよくわかりません。)

初めてお逢いするメンバーの保護者の方に、
竜太は優しい子ですねと言われて、うれしい気持ちになりました。
そう、ほんとうに竜太は優しい子に育ってくれている。

健康で、こうしてスポーツにも打ち込むことができて、
竜太の父親にも、周囲の方々にも、感謝の気持ちでいっぱいです。
a0284408_20372989.jpg

a0284408_2037572.jpg

a0284408_2039061.jpg

[PR]
# by moon-pon2 | 2017-01-21 20:39 | 今日 | Comments(0)

雪すかし+ケーキ

朝も夜も雪すかしをいっぱいして、
からだがバリバリ。

でも、雪すかしはきらいじゃないの。
このくらいの雪だったら、大丈夫。
私は今のところ元気だし、
できることはしなくちゃね。

私の家は角家で、家の前が少し広見になっているから、
雪すかししなくちゃいけないところがいっぱいあるの。

美術の時間に、金槌で木を打ちつけて、
そのせいもあって、腕が重い。
金槌も雪すかしも、
やっぱり男のひとは力があってすごいと思う。

仕事が終わって、今日はケーキを食べたくて、
おいしいケーキを3個買って帰り、娘と半分ずつ。
実は昨日も、ティラミスを買って食べたし、
このところかなりカロリーオーバーね。
雪すかしの消費カロリーよりケーキのカロリーの方が多いに決まってる。

それと、雪すかしをすると手が荒れるのはどうしてかしら。
軍手をしてするのだけど、
軍手がいけないのかしら。
毛糸の手袋ならいいのかしら。
今は指のところがぱっくり切れて痛いのでした。
[PR]
# by moon-pon2 | 2017-01-17 21:29 | 今日 | Comments(0)

春を待つ

昨日は、とある雑誌の取材と撮影がありました。
リビングやインテリアの全国版の雑誌です。
アトリエのある家を特集するそうで、
私の家を建てた工務店さんを通じてのお話でした。
発売は3月とか。
どんな記事になっているのでしょう。
春を楽しみに待つことにします。
a0284408_23545077.jpg

[PR]
# by moon-pon2 | 2017-01-15 23:55 | 今日 | Comments(0)

古いミシン

夜、久しぶりにミシンを出して、
縫いものをしました。
ミシンの調子があまり良くなくて、
何度も糸が切れてしまいます。
そのうち針が折れてしまいました。
針の先っぽがどこかへ飛んでしまい、
さがしても見つからない。
困りました。

このまま見つからなかったら、どうしよう。
いつか、チクッとささってしまうかもしれない。

そんな心配をしながらアイロンがけをしていると、
あ、見つかりました。
床板の隙間に、ありました。
良かったぁ。

今日の朝方、
あまりに淋しがっている私に、父が寄り添ってくれる夢を見ました。
きっともう父は天国へ行ったのでしょう。
そんな気がしました。
[PR]
# by moon-pon2 | 2017-01-13 23:37 | 今日 | Comments(0)

父のことばかり

89歳と言えば長寿と言えるでしょう。
それでも、父がこの世からいなくなって、
ほんとうに淋しい。
父は私にとってあまりに大きな存在だったから、
私のからだの中に、ぽっかりと大きな隙間ができてしまった。

いつもは外出ばかりの長女が、このところいっしょにいてくれるのが、
ほんとうに心強くて、うれしい。
有難いこと。

どうすれば、明るい気持ちになれるのかしら。
どのくらいの時間が必要なのでしょう。

今夜は雪降り雷が鳴っている。
いよいよ雪が積もるのかしら。
[PR]
# by moon-pon2 | 2017-01-12 23:54 | 今日 | Comments(0)

いのち

この世に生まれてきた私たちは、必ず死ぬ。
知っています。
いつ死ぬかは、誰にもわからない。
知っています。

いつかそう遠くないときに、そんな日がやってくると覚悟はしていたはず。
でも、もしそうなったら、どんなに哀しくてそんなに淋しいかなんて、
わかりませんでした。
父は、私が哀しむことは望んでいないでしょう。
知っています。

絵を描けず、ベッドに縛られる父は、
早く死ぬことを望んでいたでしょうか。
ここ数日はほとんど話せなくなっていたから、
何か言おうとして声を出しても、
何を言いたいのか、わかりませんでした。

肺炎を起こしているとのことで、高熱が続いていました。
熱が下がった後も、息をするのは苦しそうでした。

今はもう楽になったはず。
自由になったはず。

戦争中に生まれて、大変な時代を過ごしたのだろうけれど、
戦後すぐに開学した金沢美術工芸専門学校(現 金沢美術工芸大学)の一期生となり、
大学時代は、絵よりも合唱に熱心だったらしい。
58歳で早期退職をし、その後悠々と絵を描いてきたのだから、
恵まれた人生だったと言えるのではないでしょうか。

年末からずっと、
「いのち」とか、「生きる」とか「家族」とか、
いろいろ考えさせられました。
様々な価値観があって、みんな違う。
[PR]
# by moon-pon2 | 2017-01-11 23:49 | 今日 | Comments(0)

Good-bye

父はもうこの世にいなくなりました。
今はどこにいるのかしら。

年末から、父のことで心がいっぱいでした。
この冬を越せないかもしれないと思っていて、
ほんとうにその通りになってしまいました。
1月1日に89歳の誕生日を迎え、
1月3日にはかなり危険な状態になり、家族で見守りました。
1月6日朝お別れ。
1月8日通夜。9日告別式。

3年前に突然倒れ病院に運ばれ入院。
車の運転をすることができず、
思うままにスケッチに行くことができなくなり、
父には辛い日々だったと思います。
退院した後も自宅には帰ることができないまま、
父はその日々に耐え、3年。
辛抱強い父でした。
愚痴をこぼしたり無理を言ったりすることは一度もありませんでした。

私の家ができることをほんとうに喜んでくれて、
楽しみにしてくれていました。
妹といっしょに、3人で度々お茶しました。
昨年のお正月には、大晦日から1泊してもらいました。
1階のリビングにいっしょに布団を敷いて寝たのだけれど、
床がツルツル滑って、起きあがることができず、
かわいそうな思いをさせてしまったのが悔やまれます。
ごめんね。

今から思うと、
これまで毎年みんなで実家に集まってにぎやかにお正月をできたことはしあわせなことでした。
母が作ってくれたおいしいおせち。
昆布締め、黒豆、棒だら、鰤の照り焼き・・・。
ほんとにおいしかった。

私たち三姉妹がそれぞれ結婚し、
それぞれに子どもができて、
少しずつ人数が増えて、
日本酒やワインを飲み、お年玉やお土産のやり取りをし、
いっぱい食べたり飲んだりおしゃべりしたり。
いい時代でした。

お父さん、
ここんところずっとお父さんといっしょにいて、
ほんとうに間近で、
ずっと顔を見ていました。
こんなにずっと近くにいたことはなかったでしょうね。
10㎝くらいのところで、ずっと顔を見ていた。
ずっと手や足をさすった。胸をさすった。
娘もいっしょにさすってくれた。
手と足と交代しながら。
そんな娘をうれしく思いました。
だって、娘も、おじいちゃんを大好きだったものね。

私は完全なるファザコンだったから、
しばらくは父のことばかり想っていると思います。
どうしたって泣いてしまう。
私にとって、父の存在はあまりに大きかったのです。
父がいてこその私だったのです。

明日とあさって、お休みをいただいて、
そのあとは気持ちを切り替え、いつもの生活に戻れるよう努力します。

父は、もう自由になって、
行きたいところに行っているでしょうね。
まず、自宅のアトリエでしょうね。
そして、しばらくしたら、スペインやローマにも行くことでしょう。

たくさんの方にお世話になり、
ほんとうにありがとうございました。
[PR]
# by moon-pon2 | 2017-01-10 00:07 | 今日 | Comments(0)

通夜

今日は父の通夜でした。
父は生前から通夜も葬式もいらないと言っていたそうです。
その意をくんで、宗教とは関係のない、人前通夜を行いました。
父の絵をいっぱい飾り、展覧会のようでした。
お焼香もお経もなく、参列者の方には、献花を行っていただきました。
ピアノ教師である姉の伴奏で、歌の心得のあるいとこが「千の風にのって」を歌い、
父の写真のスライドを流し、いい通夜でした。
たくさんの方に来ていただいて、きっと父も喜んでくれていることと思います。

明日の告別式には、父にゆかりの深い方々にメッセージをいただき、
みんなで、父の好きだった歌を歌い、
献花をして、父を送りたいと思います。
[PR]
# by moon-pon2 | 2017-01-08 23:42 | 今日 | Comments(0)

父の絵

父の絵は、次の場所に所蔵されています。
いつでも見ることができるところもありますので、
よろしかったら、ご覧ください。  (一部)

「鎮守の森」   F100 第4回日展 金沢市川北農協 所蔵
「鎮守の森」   F100 第13回日展 白山比咩神社 所蔵
「鎮守の森」   F100 第23回日展 金沢市役所 所蔵
「カタルーニャの松」 F100 第27回現代美術展 金沢高等学校 所蔵
「テルマエの壺と花」 F50 第56回光風会展 春日クリニック 所蔵
「ローマの朝」  F100 第87回光風会展 石川県立美術館 所蔵
「鎮守の森」   F100 第88回光風会展 金沢玉川図書館 所蔵
「アトリエの静物」   F60 第55回現代美術展 金沢玉川図書館 所蔵
「カタルーニャの松」  F100 第81回光風会展 石川県立美術館 所蔵
「電気冶金工場」    F80  第51回光風会展 石川県立美術館 所蔵
[PR]
# by moon-pon2 | 2017-01-07 20:58 | 過去 | Comments(2)

私の父

父が亡くなりました。
家族のみんなから愛され慕われた父。
病気で倒れてからどんなに辛い状況でも、最期まで強くて偉大な父でした。

父のこと。
昭和3年1月1日金沢市生まれ。
金沢美術工芸専門学校(現金沢美術工芸大学)油画科一期生。25年卒業。
小学校の図工教諭として35年間勤務。

昭和39年  第50回光風会展初入選「電気冶金工場」 以後連続入選
昭和43年  第11回日展初入選「工場の朝」
         第24回現代美術展最高賞受賞「工場の朝」
昭和44年  文化庁主催県展選抜展出品「看板のある家」
昭和49年  金沢で個展開催
昭和50年  モロッコ・ヨーロッパ 1ヶ月に渡るスケッチ旅行。
         光風会会員となる。
平成元年   第75回記念光風会展会員賞(高光一也賞)「村の鎮守」
平成 2年   金沢美術工芸大学芸術学専攻油絵実習非常勤講師(~5年)
平成 6年   『カタルーニャ・ロマネスク紀行』画集発刊
平成17年  光風会を辞退 日展会友を辞退

鎮守の森や城址の樹、カタルーニャやローマの松など、
樹木のある風景の美しさ、奥深さに魅せられ描き続ける。



父は洋画家。
イーゼルに架けられた大きなキャンバスに向かう父、
アトリエには油絵の具の匂いがいっぱいでした。
子どもの頃、美術展に出品した父の絵を、度々見に行きました。
手をつないでもらって会場の階段を上るときのうれしい気持ちを、今も憶えています。

父は58歳で退職してから絵に専念し、
パリやスペイン、ローマなどを旅して、樹々のある風景を描き続けました。
そして会派に捉われずに自由に描く道を選択しました。

音楽を愛した父。
合唱団の活動もしていました。
テノールでした。
幼かった私は、父が歌っている時のことはほとんど憶えていません。
家で、ピアノを弾きながら、大きく口を開けて歌っていました。
絵を描くときには、いつもクラシック音楽を流していました。


父よ。
私の父よ。
私はあなたを父として生まれてきたことを誇りに思います。
ほんとうに、ありがとうございました。



最後に父と別れて、真夜中に見た空は、美しい星空でした。
寒い寒い夜の空、北斗七星が見えました。

a0284408_015484.jpg

a0284408_031669.jpg
a0284408_032979.jpg
a0284408_035118.jpg
a0284408_05589.jpg
a0284408_052549.jpg
a0284408_054899.jpg
a0284408_064137.jpg
a0284408_072935.jpg

a0284408_0211786.jpg

[PR]
# by moon-pon2 | 2017-01-07 00:24 | 今日 | Comments(0)